WEEZER / BEVERLY HILLS

PV TALK 013と連動してのサマーソニック05特集その7。豪邸で美女に囲まれている男が電話をかける。相手はウィーザーのドラマー。「ウチに遊びに来てくれるかな?」「いいとも!」ということでバンドとそのファンがやってきたのはネバーランド…ではなくプレイボーイ・マンション(!)。美女に囲まれた男はヒュー・ヘフナーその人でした。
MTV JAPAN(05.03.03)の記事より抜粋。

マルコス・シエガが手掛けているこのミュージックビデオは、ヒュー・ヘフナーウィーザーに電話して、プレイボーイ・マンションで遊ぼうと誘うところから始まる。メンバーとウィーザーの正真正銘のファンたち(インターネットで募集)は、リヴァース・クオモが歌うプレイボーイ・マンションに繰り出すが、すぐに勝手が違うことに気付く。
(中略)
「この曲は大物としての人生を生きることを思索しながらも、結局は“現実の世界”と“夢の世界”が交わることはないという結論に至っているんだ」と書き込みには書かれている。「でもそんなアイディアが出てから数分は、セレブな人生に憧れたりしてね」。



庶民派(?)ウィーザーとそのファンが、セレブの象徴であるプレイボーイマンション&プレイメイトに囲まれているのですが、MTV JAPANの記事にあるような違和感は実はあまりなく、意外と皆楽しそうに見えますね。このPVのメイキングが同じくMTV JAPANの「MAKES A VIDEO」という番組で放送されています。詳しくはこちら


おまけ情報。英語で「マンション(mansion)」というと「大邸宅」という意味です。なので欧米人に「ウチのマンションが〜」と話すと「お城に住んでいるの?」とびっくりされます。ご注意。


さらにおまけ。「PLAYBOY THE MANSION」というゲームがあるみたいです。

あの実在の人物で世界的なプレイボーイブランドを造ったヒュー・ヘフナーの生活をシュミレートします。貴方もなれるかも。
お金をつくり、友達をつくり、そして恋までも。北米やヨーロッパにあるプレイボーイマンションを築き(マンションにはオリビアアンディ・ウォーホルなどの作品が人目を引く)、メンズ雑誌のプレイボーイ誌を発行し、贅沢なパーテイを開催しながら、アメリカのライフスタイルを追求すること、まさに男の欲望を仕事にしたようなゲームです

ゲーム全然やんないんだけどこれは面白そう。
newtrino.com


監督:MARCOS SIEGA(監督ファイル019
音楽:WEEZER
タイトル:BEVERLY HILLS
DVD:不明
視聴サイト:WEEZER OFFICIAL
関連サイト:PLAYBOY OFFICIAL

MEW / COMFORTING SOUNDS

PV TALK 013と連動してのサマーソニック05特集その6。大好きなバンドMEWの永遠の名曲「COMFORTING SOUNDS」のPV。ずっと前から紹介したかったけど、フルレングス視聴サイトがどうしても見つからなくて、延び延びになっていたのをようやく発見。でもPVの音楽はショートバージョンなんだよね。実際の曲は9分を超える大作になっています。


listen japanには

元々、学生時代に自然の破壊力についてのフィルムを作るため集まった4人によって結成され、02年より本格的なバンド活動を開始。

って書いてあるので、彼らは元々映像の人みたいですね。デビューアルバム「FRENGERS」のLIMITED EDITION(↓)に付属されているDVDにはライブの際に流す映像が収録されていて、加えてこのPVも収録されています。


フレンジャーズ(初回)(DVD付)


監督:SAM BROWN
音楽:MEW
タイトル:COMFORTING SOUNDS
DVD:「FRENGERS」LIMITED EDITIONに収録(amazon.co.jp
視聴サイト:NESTEKLIKK(文章中盤の「Her kan du nyte videoen<>をクリック)
関連サイト:MEW OFFICIALMEW JAPAN OFFICIAL

M.I.A. / SUNSHOWERS

PV TALK 013と連動してのサマーソニック05特集その5。何はともあれlisten japanによるプロフィール。

幼少期をスリランカですごしたUK在住の彼女は、社会派ヒップホップ・グループ=パブリック・エナミーらの影響で音楽家を志すことに。ちなみに“M.I.A.”とは「戦闘中行方不明者」という意味だそう。さらに処女作のタイトル『アルーラー』は、内戦に次ぐ内戦で荒廃していた(いる)スリランカの反政府ゲリラだった父親のニックネームから拝借したものらしい……。

最後に「……」つけたくもなるよね。音は初期ASIAN DUB FOUNDATIONをさらにエキゾチックにした感じか。ライブはかなり衝撃的なモノになること間違いなし。幻の洋楽TOP四拾でも書かれていましたが、オフィシャルサイトのデザインも凄い。サマソニ05のダークホースかも。


監督:不明
音楽:M.I.A.
タイトル:SUNSHOWERS
DVD:不明
視聴サイト:M.I.A. OFFICIAL(MUSIC>sunshowers)

LITTLE BARRIE / LONG HAIR

PV TALK 013と連動してのサマーソニック05特集その4。ドロドロでサイケな映像が気持ちいいです。監督はLCD SOUNDSYSTEMDAFT PUNK IS PLAYING AT MY HOUSE」(作品ファイル220)を撮ったCHRIS CAIRNS。どうやって撮っているのか全然分からないんだけど、サテメモ(20050519)には

粘土のカタマリに映写してるのかな。しかもコマ撮りで。必然的にピントがボケるのがすごい効果的と思った。

と解説(推測?)されていました。


ものすごく余談ですが、どうしてイギリス人の部屋って必ず「柄」がついた壁紙があるんですかね?色んなPVや映画を見てても必ずあるし、「ウォレスとグルミット」だとロケットの中にまで壁紙が貼ってある。ちょっと不思議。


監督:CHRIS CAIRNS
音楽:LITTLE BARRIE
タイトル:LONG HAIR
DVD:不明
視聴サイト:LITTLE BARRIE OFFICIALMANCHESTER ONLINE
関連サイト:LITTLE BARRIE BUY MY STYLE